マスカレード・ホテル 東野圭吾 良質なミステリー


ホテルを舞台にしたミステリー小説

あらすじ
東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。
数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視する事を強いられる。捜査一課の刑事・新田浩介は、英語ができる帰国子女であることから、同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、新田の補佐・教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美が任命された。
立場も職業倫理も異なることから、潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、共にホテルマンとして、時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、ある特別な1日が始まった。
新田浩介の、捜査員としてだけではなく一人の人間としての成長と、山岸尚美の頑なにも見える態度から新田を理解しようと変化していく様も物語に花を添える。
連続殺人事件の次の現場と目されるマスカレードホテルで、次の被害者が誰かもわからない状況で、ホテル関係者と警察はお互いに微妙な距離を保ったまま通常通り業務をこなすのですが、文章から漂う独特の緊張感がたまりませんね。

フロントクラークと捜査一課の刑事という異色の組み合わせ

優秀なフロントクラークの山岸尚美と捜査一課の刑事・新田浩介、二人の視点を交互に入れ替えながら話が進みます。

2人はそれぞれが相手の仕事ぶりに不満をかかえながらも、犯人逮捕のために尽力する。
当初はいがみ合っていたといっても過言ではないくらいに、険悪な二人だったが、時が経つにつれ、お互いがそれぞれの仕事への熱意や高い能力うの持ち主であることを認め、徐々に認め合うようになっていく。

この過程は読んでいて気持ちよかったですね。

マスカレードホテルには実に様々な客が訪れ、全盲の客(本当は嘘だが)だったり、やたらいちゃもんをつけてくる客だったりが、物語に彩りと伏線を加えていく。

綿密な取材によってこそ可能であろう、ホテルフロントの仕事の描写の細かさはさすがは日本一売れているミステリー作家のなせる技でしょうか。
普段のホテルフロントの仕事ぶりを読んでいるだけでも面白いです。

山岸尚美と新田浩介の過去が随所で挿入され、それが物語に深みを与えるとともに、事件の真相にも繋がっていくのが特に面白かったですね。


物語の随所に現れるくたびれた中年刑事

捜査一課ではない所轄の刑事である能勢刑事がとてもいい味を出しています。当初、捜査一課の刑事である新田浩介は、今回の事件でコンビを組まされることになったこの能勢刑事を内心見下しているのですが、事件が進んでいくたびに、能勢刑事の見た目からは想像できない切れ者っぷりに舌を巻き、やがて尊敬の念を描いていくのです。

個人的に、主人公格の新田浩介は、ややナルシストなところがあったり居丈高な部分があって好きになれなかったのですが、能力のある人間にはしっかりと敬意を示せるところは好感が持てました。

事件の真相は意外なものだった

主人公であるフロントクラークの山岸尚美は、極めて高い実務能力により、車内からの評判も上々で、客からもすぐに信頼をおかれるほど優秀なホテルマンです。

しかし、犯人はその山岸尚美をこそ狙っていたのでした。

てっきり犯人は内部犯だと思っていたのですが、その犯人は思ってもいなかった人物でした。

また、その明かされる真相に、物語中に巧妙に隠された伏線の数々に、感嘆のため息をつかずにはいられませんでした。

俺にもこんな小説が書けるようになれたらいいなあ、と小説家志望の自分は思ったのでした。道は果てしなく遠く、険しい(;^ω^)。

山岸尚美と新田浩介

事件は無事に終わりを迎え、やがて二人はまた自分の職場に戻っていきます。

しかし、二人は事件を通じて相手の能力や人柄にいつの間にか惹かれていました。事件解決を祝して、能勢刑事を含めた三人で食事会を行うのですが、ここで能勢刑事にあまりにもタイミングよく都合の電話が入ります。間違いなく二人に気を使ったのですね(笑)

山岸尚美はそこまで新田浩介に好意を抱いてはいないのですが、新田浩介は自分では気づいていませんが、山岸尚美にけっこうな行為を抱いています。

果たして二人の恋の行方はどうなるのでしょう。気になりますね。

「マスカレード・イブ」

マスカレードホテルのシリーズものとして、「マスカレード・イブ」が発売されました。
舞台は同じくマスカレードホテルですが、年代で言うと、マスカレードホテルの二年前の内容となっています。
山岸尚美のホテルマンとしての能力を存分に描き出させれたこれまた良作なミステリーです。

私はこちらの方を先に読んでしまったのですが、とても楽しく読めましたよ。

確か……人は死なないんじゃなかったかな?
人の死なないミステリーが大好きな僕としては、こちらの方も凄く楽しく読めました。

二冊合わせてオススメのシリーズです。

願わくば、またこのシリーズの続編が出ることを願ってやみません。売り上げはすこぶる好調だったようですので、その可能性は十分にあるでしょうしね!


というわけで、今回は東野圭吾氏のミステリー小説「マスカレードホテル」についての感想をお送りしました。

また次回、お会いしましょう。さようなら~(^▽^)/


0 件のコメント :

コメントを投稿